株式会社メリット

島根・鳥取の魅力を発掘

教育格差は「しかたない」問題なんだろうか?

389 views
約2分

新規事業プランニング担当の永井です。

ここ数年、イベントの立ち上げを多くやっていて、
皆生温泉マリンアスレチック
カイケジャンボリー2021WINTER
などでよく米子市皆生に出没していていて、
知人にはイベント好きなイメージがついてしまいました。

イベントが好き、というより、
飽き性なので新しい事業やイベントを
つくるのが好きなだけなのですが…

昨年からは自身でエートスという社も立ち上げ、
教育格差をテーマとした事業にも取り組みはじめました。

だからというわけでもないですが、
最近とても気になる調査結果がありました。
「日本人が教育格差をどのようにとらえているか?」というものです。

ざっくりと内容は…
こどもの教育格差の存在について62.3%の人が是認
経済的にゆとりがあると回答した人では、格差を是認している人が72.8%
というものです。

「こどもの教育は親の責任で、親の収入は自身の努力次第。
 だからこどもが受けられる教育には差があって当たり前…」
という考え方が前提だと思いますが、
わたしはどうしてもこの考え方になじめません。


日本は先進国の中で「新しいことを学ぶのが好きだ」と回答した割合が最も低い国の1つ
という調査結果もあります。

「こどもは社会の宝!」という言葉は実践できているのでしょうか?
とはいえ、こどもは社会のために「人材」として教育されるべきなのでしょうか?

教育についての連載にしていこうと思います(^^)





この記事を書いた人

永井 高幸
私たちの会社を見てみる
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE

SNSもよろしくお願いします!

0852-23-2230
いつでもお気軽にお問い合わせください。お急ぎの場合はお電話の方がスムーズです。
お問い合わせはコチラ
いつでもお気軽にお問い合わせください。
今すぐ問い合わせ