株式会社メリット

島根・鳥取の魅力を発掘

楽しい水遊びをするために確認しておきたいこと。

143 views
約3分

今年もマリンアスレチックを開催いたします。

異例の短い梅雨が明け、7月を迎えました。夏休みといえば、そうです当社の一大イベント『皆生温泉マリンアスレチック海皆』のシーズンがやってきます。今年は7月16日から8月21日8日)までの会期で、『皆生温泉マリンアスレチック海皆』(米子市)を開催します。昨年はお盆前の台風で遊具が破損し、会期途中での中止となってしまいました…。今年は、大型遊具もリニューアルしたうえに、カイケジャンボリーRelationでも好評だった「AQUA BALL体験」も登場し、渚を転がりながら海を感じられるアクアボールでの体験もお楽しみいただけます。また、開催場所も皆生温泉海遊ビーチに隣接するエリアに変わりました。周辺の様々な飲食グルメやアクティビティも、より気軽に楽しんでいただけるようになりました(詳細は皆生温泉海遊ビーチの公式サイトでご確認ください)。

※写真は以前の開催の模様です。

水遊びを楽しむための心がけを

さて、夏場は海や川など水辺で遊ぶ機会も増えます。私たちのイベントもそうですが、特に子ども連れの方々からは「子どもが大はしゃぎで絶え間なく動き続けていて、ついて行くのが大変だ」といったような声も良くお聞きします。確かに体力的に身軽な子どもについて行くのは大変ですが、ぜひ最後まで一緒に行動をして頂きたいと思います。よく、子どもから「目を離さない」ようにと言いますが、それはある程度の距離、例えば自分は砂浜にいて、子どもは海上といった状況が発生しているとも考えられます。そうなると、ふとした瞬間に目を離すこともあるかもしれません。ぜひ子ども連れの方々には「目を離さない」ではなくて、「子どもから離れない」よう行動して、事故等のない楽しいレジャーとなるよう心がけていただければと思います。また、マリンアスレチックでも参加する方にはライフジャケットを着用して頂きますが、それ以外の海水浴やマリンレジャーでも特に子どもには、ライフジャケットを付けて頂ければと思います。他県のマリンアスレチックの事例でも、準備期間でスタッフがいない遊具に、子ども連れで勝手に上がり(そもそもそれ自体絶対にやってはいけないことですが)、ライフジャケット、浮き輪等を持たない子どもが事故にあいそうになるという事もありました。海水浴は監視員がいる場所で、様々なマリンアクティビティは管理者がいる時間に、指示に従い正しく楽しむようにしましょう。水辺では正しく遊べば、楽しい思い出がたくさんできます。同時に水辺や水上は陸上と違う状況が、たくさん起こることも事実です。私たちもマリンアスレチックを運営する上で、参加者の方々に様々な注意事項をお伝えしたり、指導させて頂く場合があります。「細かいな、うるさいな」と思われても仕方ないと思っていますが、安全に楽しんでいただく事が最優先ですので、皆様のご協力をお願いします。

最後に、水辺で遊ばれる際の注意事項が、下記にまとめられていますので、海水浴やマリンレジャーにお出かけになる前に一度ご覧になることをお薦めします。   

■危機管理ポータルサイト 鳥取県の危機管理「海水浴やマリンレジャーは安全に」       https://www.pref.tottori.lg.jp/269217.htm

私たちの会社を見てみる
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE

お急ぎの方はコチラ

何にお困りですか?

ラズダのSNSをフォローお願いします!

0852-23-2230
いつでもお気軽にお問い合わせください。お急ぎの場合はお電話の方がスムーズです。
お問い合わせはコチラ