株式会社メリット

島根・鳥取の魅力を発掘

求人募集に必要な設定は【ターゲット】より【ペルソナ】!そもそもペルソナって何?

144 views
約3分
アバター
採用支援チームの前田です!

昨今労働人口自体が減少傾向にある中で、年々応募・採用が難しくなってきている業界・職種が増えてきていると実感しています。パート・アルバイト募集と比べ、正社員募集はより採用難易度が高くなりますし、正社員募集の中でも、資格職や専門職になると、よりハードルが高くなります。

普段の仕事で、Webの求人募集原稿を制作することが多いので、今回はより求職者に響きやすい正社員募集の原稿作りについてお伝えしたいと思います。

■ターゲットでは響かない?

求人募集側の企業の採用担当者に、どのような人材が欲しいですか?といった質問を投げかけた場合、長く働いてもらえるように20代~30代の若い方が欲しい。というような回答が多かったりします。もちろん、求人募集広告においては、基本的に年齢や性別で募集を区切る事はできませんので、あくまで設定する「ターゲット」となります。

20代~30代の方をターゲットとし、求人募集を行った場合、該当する方は当然沢山いるため、見られる可能性も非常に高いはずです。しかし正社員募集の場合、そのうち1人も興味を示さない(応募に繋がらない)場合が多いのも事実です。なぜならば、誰にでも当てはまるということは、逆にいえば、誰に対しても響きづらいからです。

■ペルソナって何?

そこで、「ペルソナ」を設定していく事が、採用への近道ではないかと考えます。
ペルソナとは架空の人物像のことで、ターゲットのように抽象的ではなく、かなり具体的なところまで設定するのが一般的です。

ここではペルソナの具体例は記載しませんが、一例として下記のような項目などで設定していきます。

・年齢
・性別
・現在の仕事(業種・年収)
・家族構成
・ライフスタイル
・性格や嗜好

■ペルソナの設定が求職者に響く!

ペルソナを設定し、その方ただ1人に向けて求人募集を行う―――――――――――――

設定したペルソナに近い方がその求人募集を見た場合、これって私の事かな?と当事者意識が
芽生えやすいと思いませんか?

正社員募集の場合、長く勤めることを前提としていますので、求職者の方も募集内容の一言一句からその企業の事を深く探ろうとします。その時、この企業は自分のような人物を求めているのでは?と感じてもらえたり、この企業と自分の考えは非常に近いのでは!と共感してもらえたりすることが、応募に繋がるのではないかと考えます。

注意点としては、細かく設定しすぎるとそれに固執してしまう可能性が高くなってしまうため、ターゲットを少し具体的にしてみようぐらいの気持ちで、少しずつ始めてみるのが良いかもしれません。

最近なかなか募集がないなぁという場合には、少し視点を変えた募集内容での掲載から始めてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

前田 昴平
私たちの会社を見てみる
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE

SNSもよろしくお願いします!

0852-23-2230
いつでもお気軽にお問い合わせください。お急ぎの場合はお電話の方がスムーズです。
お問い合わせはコチラ
いつでもお気軽にお問い合わせください。
今すぐ問い合わせ