株式会社メリット

島根・鳥取の魅力を発掘

山陰の地域情報メディアが自然を活用した リアルイベントの企画・運営を始めた理由

72 views
約4分

皆生温泉マリンアスレチック海皆 開催まで

株式会社メリットが一貫して取り組んで来た地域の情報発信。フリーペーパーや雑誌、書籍、パンフレットなどの紙媒体、WEBサイトや動画チャンネル等の運営に加えて、2019年からは当社が運営主体になった「地域の魅力を体感する」イベントコンテンツの企画と運営にも力を入れています。その背景をちょっと記してみたいと思います。

2019年以前も、展示会や展覧会、各企業や官公庁等のイベント業務を受注して企画・運営することは数多くありました。しかし、当社が主体的にコンテンツ自体を企画し、自社サービスとして企画運営するイベントコンテンツは、それほど、多くありませんでした。どこかでイベントコンテンツは、自社のサービス・商品である「地域情報メディア」とは違うジャンルのものだと考えていたのかもしれません。

そんな考えから、一気に前進させてくれたのが、2019年に初開催した「皆生温泉マリンアスレチック海皆」でした。

皆生温泉マリンアスレチック海皆-kaikai-全景

「皆生温泉マリンアスレチック海皆」                                        鳥取県米子市皆生温泉のビーチで展開した海上巨大アスレチックで遊ぶレジャーイベント。ジャンボスライダーやスプラッシュブランコなどの様々なアトラクションを、人工ではなく本物の海を舞台に自然を楽しむアクティビティ。                                  詳細は右記を参照ください。 公式サイト https://kaikeonsen-kaikai.com/

なぜこのコンテンツを当社で実施しようと思いたったのか?

マリンアスレチックの遊具は、当時、全国各地に大小様々なものが夏場のレジャーとして海水浴場やホテルのビーチ等に設置されて話題を呼び始めていました。そのうちの1ヶ所を体験した時に、

「すごく楽しい」「近くにあればいいのに」               「キレイな海があるから山陰でもできるのでは…」

と感じたからなんです(個人的に)

もちろん単に「面白かった」から会社の事業・サービスとして、人とモノとお金を投資して良い訳がありません(多分)。ここから着想を得て、山陰には豊かな自然や体験をできる機会や場所がたくさんあるのではないそれを提供していく事も一つの「体験」を伝えていく「地域情報の発信」ではないのか、と再認識をしたことが直接のきっかけです。

地域情報メディアから地域の新たなコンテンツ創出へ

これまでは、当社では山陰に既に「ある」「存在する」「これから行われるコトやモノ」を、メディアやサービスを通じて地域の生活者や観光客の方々にお伝えしてきました。もちろん媒体としての役割も大切です。しかし、当社自身がイベントコンテンツを通じて、ダイレクトに生活者や観光客の方に山陰の素晴らしさ自然、楽しい時間や体験を提供することも「一つのメディア」機能ではないかと考えました。

これまで当社が実施してきた「地域情報の発信」という考え方を、

「イベントコンテンツでの体験⇒リアルなコミュニケーションの場づくりと提供≒体感情報の発信」

と発展させ、                                            当社の企業理念である

「楽しい街・働きやすい街・住みやすい街」豊かな山陰へ情報発信を通じて貢献します。

に内包される事業であると考えました。

さらにこの事業は、地域の観光関連をはじめとする事業者の方々にとっては、あらたな誘客・集客につながるコンテンツとして価値があり、地域の生活者・観光客の方々にとっては皆生海岸の素晴らしさを体感しながら、家族や友人、カップルで楽しい時間を過ごすことができる価値があり、当社にとっては新たな価値提供を行うことで、収益性のある事業として継続できる、当社の社名にあるように「三方ともにメリット」がある状態が構築できます。またこの事業に取り組んだことにより、様々な地域の方々との関係性が深まり、さらに発展的なイベントコンテンツや様々な地域づくりの事業へと発展しつつあります。

そういった想いを抱きつつ「皆生温泉マリンアスレチック海皆」を運営して今年が3年目となります。昨年は新型コロナウイルス感染拡大に伴い、様々なガイドラインや入場制限等も実施しながら開催を行いました。今年も状況を確認しながら、開催を予定して準備しています。(新たなアクティビティやコンテンツも検討中です…)まもなく詳細に関してお知らせできると思いますので、もうしばらくお待ちください。

私たちの会社を見てみる
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE

SNSもよろしくお願いします!

0852-23-2230
いつでもお気軽にお問い合わせください。お急ぎの場合はお電話の方がスムーズです。
お問い合わせはコチラ
いつでもお気軽にお問い合わせください。
今すぐ問い合わせ